言葉に関する雑学集 (5) - 真・役に立たない駄話

なぜ女性の騒ぐ声を「黄色い声」というのか?

 女性がキャーキャー騒ぐ声を、よく「黄色い声」と表現するが、もちろん声に色な
どあるわけない。では、なぜこんな表現をするようになったのかというと、そのはじ
まりは江戸時代のようだ。

 江戸時代には、声を色で表現することがはやっていて、当時の小説には、白をはじ
め5色の声が登場する。黄色い声も、そのなかの一つだが、なぜそういうのかという
と、これは中国の影響を受けている。

 中国では、むかしから「黄」の字を、「ただごとではない」という意味に使ってい
た。そこから「ただごとではない声」ということで、黄色い声という表現が生まれた
のである。

宇宙の寿命ってどれくらい?

 人類が考えた中で、"最も長い時間"を想定しているのは、おそらく仏典だろう。

 仏典では、宇宙の寿命をこう定義している。

 まず、宇宙の生生流転には、4つの時期がある。「成・住・壊・空」で、それぞれ
の時間の長さは「20劫」だという。つまり、宇宙の寿命は「80劫」ということに
なる。

 さて、ここで気になるのは「1劫」はどれくらいの長さかということだと思う。

 この「1劫」は、「4千里四方の大きな城に芥子粒を満たし、それを100年に1
度1粒ずつ取るとき、それを取り尽くすより長い時間」と定義されている。

 仮に、1センチ四方に1個ずつ芥子粒を置いたとして、それを100年に1個ずつ
取るとなると、約2560億年以上。そして、その80倍だから、20京4800兆
年。ということになる。

 真偽の程はべつとして、この単位を考えた人の気宇壮大さは買おう。

「古参ゲーマー」の隠語、分かります?

 「テレビゲームの世界は業界としては新しいので、隠語はあまり聞かない」という
のはあるゲームメーカーのディレクターの談。

 しかし、ゲームを楽しんでいる人の間には、彼らにしか通じない言葉がたくさん、
しかも続々と生まれました。

 基本的なゲーム用語に「面クリゲーム」があります。これは、いくとものステージ
ごとにいるボスを倒しながら1面ずつクリアしていくゲームのこと。ステージをクリ
アしていくことを「面クリ」。「ストリートファイター」に代表される格闘技ゲーム
は「格ゲー」といいます。なお、18禁のエッチなゲームのことは「エロゲー」。ま
あ、これは有名。

 ゲームに熱中している人が使う言葉で「ハマる」という言葉があり、意味は2つあ
ります。1つは「面白くて入れ込んでしまう」という意味。ここから「ハマリゲー」
(逆の言葉は「クソゲー」)という別の使い方も。そしてもう1つは、次のステージ
に進みたいのになかなか進みたいのに進めないこと、行き詰まってしまうことにも使
われます。

 最後の敵のことを「ラスボス」。「ラストのボス」から。シューティングゲームで
弾が当たらない安全地帯のことを「アンチ」、自分の残りキャラのことを「残機」
(ザンキ)

 また、弾やパンチが当たってもエネルギーが減らない、ないし判定されないことを
「当たり判定」といい、この判定がゆるいのは「当たり判定が甘い」といいます。

 東京・有明のビッグサイトで行われている日本最大のゲームの祭典「東京ゲームシ
ョー」を「SESAショー」とも。

 ゲームショーの管理会社SESAからとった名前で、東京ゲームショーと名前が決
定していなかったときに仮で使っていたものの名残。

 したがって、この言葉を使う人はかなりの古参?