始まりに関する雑学集 (2) - 真・役に立たない駄話

最初にテレビ放送が行なわれた時、見られた人数は?

 ついに、日本中が待ちに待った日がやってきた。1953年2月1日午後2時、ブラウン管に「NHK東京テレビジョン開局」の文字が映し出され、アナウンサーの「JOAK・TV こちらはNHK東京テレビジョンであります」の第一声が流れた。日本で最初となるテレビ本放送開始の瞬間だった。
 いまや一家に1台どころか、1人1台以上あるといえるほどに普及したテレビ。「ワンセグ」なる新技術の登場で、携帯電話やスマートフォンを使っていつでもどこでも番組が楽しめる時代だ。普通になんでもない存在となったテレビだが、放送開始の頃は違った。テレビ受像機そのものがとても貴重な存在。それに開局当時の放送エリアはまだ関東地区の一都六県だけ。東京近郊以外の地方へは電波が届けられていなかった。
 NHK資料によると、本放送開始時点でテレビ受信契約者は1000人にも満たない。わずか866人だけとなっている。一台のテレビに幾人もの人々が群がっただろうことは想像できるが、それにしても開局瞬間の映像を目にすることができたのは、ごくごく限られた人だけだったことは確かだろう。

 少数の人しか受像機をもてなかった最大の理由は値段が高額だったこと。国内量産体制の整備が遅れ、大半はアメリカ製受像機に頼った。その値段は17インチで25万円前後。数少ない国産品も24万円と差がない値段。一回り小さい14インチで17~18万円。量販店でも数万で買える現代と比べれば、雲泥の差といえるほどの高級品だ。

 大卒初任給が8000円前後、平均的なサラリーマンの手取りが15000円、中堅クラスで30000円ほど、これが当時の月給だった。テレビ1台買うのに年収すべてを出す時代。それも白黒テレビだ。受信契約者数が数百人だったこともうなずけるだろう

 ちなみに、当時の契約受信料は、月額200円だったそうだ・・・

日本初の「テレビドラマ」の題名が、急きょ変えられてしまった切ない理由

 以前、ブラウン管開発の話で1940年に東京で開催されるはずのオリンピックが中止になったことはお伝えしたが、テレビの研究自体は黙々と続けられていた。アイコノスコープカメラを用いて技術者たちの姿をブラウン管上に映し出す実験放送にも成功を収めていた。

 じつは、テレビドラマもすでにこの時代に製作していた。1940年に実験放送した日本初のテレビドラマは『夕餉前(ゆうげまえ)』という作品。脚本・伊馬鵜平(いまうへい 後の伊馬春部 戦前から戦後にかけてユーモア小説やラジオドラマなどの分野で活躍)、出演は原泉子(後の原泉)、野々村潔(女優 岩下志麻の父)、関志保子(宇野重吉の妻)の3人。上映時間は15分弱というごく短い作品だった。

 4月13日と14日の2日間にわたり、内幸町の放送会館およびNHK局舎に常設されていたテレビ観覧所に試験電波が届けられ、みごとテレビドラマの実験放送は成功。1週間後には上野産業会館で行われた技術博覧会でも放送され、訪れた観客から大いなる絶賛を浴びたという。

 ただし、初のテレビドラマ成功の裏には、製作者たちの見えない苦労も多々あったらしい。制作にかけることができる資金が乏しかったのもそのひとつ。照明や舞台装置にかける金にも厳しい制限があったことを物語るエピソードがある。

 実はこのドラマは当初「夕餉時」というタイトルで、ひたむきに生きる母子家庭の日常を、夕食シーンを交えつつ描こうとしたものだった。脚本に書かれた設定は「久しぶりのごちそう」ということで母子がつくったスキヤキを食べるシーンが準備されていた。しかし、小道具のスキヤキを準備する金がない。そこで苦肉の策として、急遽タイトルを「夕餉前」に変更。脚本そのものを夕食前の母子の会話に変更してしまったわけだ。

 何とも切ない話だが、こんなに苦労を重ねて制作したドラマも、数々の実験放送成功も、すべて戦争によってゼロになってしまった。

 日本人がテレビドラマをはじめ、夢のようなブラウン管映像に酔いしれるのは、1953年のNHK本放送開始まで待たねばならなかった。

ブラウン管に世界で初めて映ったものは何?

 近年は、壁に貼りつけられるほどの軽量・薄型化をはかった液晶画面や、100インチを超える大型化を可能にした液晶画面、3D映像が見られるテレビまで、出てきたが、ほんの10数年前までは、ブラウン管画面が主流だった。

 いち早く開発に着手し、世界ではじめてブラウン管の蛍光膜状に映像を映し出すことに成功したのは、何を隠そう日本人技術者・高柳健次郎、その人だった。

 それは1926年の暮れも押し迫った12月25日のこと。東京・世田谷のNHK研究所から内幸町の放送会館の間に初のテレビ映像電波が放たれた。そして、次の瞬間、ブラウン管に世界初となる記念すべき映像がくっきりと映し出された。現れたのは、カタカナの「イ」の字。

 「イロハの最初の1文字だけ?たったそれだけ?」と思うかもしれないが、これは当時、世界を驚愕させる出来事だった。その後、1930年NHKは技術研究所を設立。高柳ら技術者を招き、本格的なテレビ実用化に向けた研究開発に乗り出した。

 日本は来る1940年に『オリンピック東京大会』開催を予定していた。そこで世界初のテレビ中継を目指していた。すぐれた科学技術力を世界にアピールすることで、国威発揚をはかるのが狙いだったのかもしれない。

 だが狙いはもろくも崩れることになる。1941年の太平洋戦争勃発である。当然、その以前にオリンピック中止も決定。そして敗戦・・・占領下の日本はテレビ開発どころではなくなってしまう。ドイツ、イギリス、ソ連、アメリカなどの各国が続々とテレビ定時放送を開始する中で、ブラウン管受信一番乗りの日本はすっかり後れを取ることを余儀なくされてしまった。

 しかし、ブラウン管の映像受信に成功した、高柳健次郎は、のちに技術者、関係者たちの間で日本の「テレビの父」として大いに称賛されることになる。幼いころフランスの雑誌にあった「テレビジョン未来図」という空想マンガを目にして以来、一心にテレビ放送実現を目指した高柳健次郎の偉業は、今なお語りつがれている。