仕事を完璧にやると… - 真・役に立たない駄話

仕事を完璧にやると…



仕事の進め方がヘタな人に、共通してみられることがある。それは、完璧主義者が多いということだ。

こういう人は、こまかいところにこだわって、細部まできちんと仕上げようとする。しかし、これが結果的に自分の首を絞めることになりやすい。

仕事はていねいさも大事だが、同じくらいスピーディーに進めることも重要。自分がこだわっているところが、相手にとってはさほど重要でないということも多い。

どんな仕事も、基本的には8割の出来で十分と見切ること。完璧さにこだわっているうちに次々と別の仕事がまい込んで、本当に重要な仕事に手が回らなくなる。なんてことは避けよう。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー