外国ドラマの視聴率が50%を超えたベン・ケーシー - 真・役に立たない駄話

外国ドラマの視聴率が50%を超えたベン・ケーシー




 『アイ・ラブ・ルーシー』『名犬ラッシー』など続く一連のアメリカテレビ映画はどれも吹き替えシステムを採用し、おのおの高視聴率をはじき出した。『スーパーマン』同様、子供を中心に大人気を獲得したのが『名犬リンチンチン』(日本テレビ)と『名犬ラッシー』(TBS)の二大愛犬ドラマだった。この二作品の影響で、当時の日本の家庭でもイヌを飼いたがる子供が急増したらしい。しかも二作品共通のコリー犬が子どもたちからダントツの人気だったという。それほどアメリカの作品が日本に与える影響は大きかったといえる。

 各局が競うように外国のテレビ映画作品をオンエアするなかで、ついに50%を超える脅威の高視聴率ドラマが誕生した。それが、1962年5月からTBSでオンエアされた『ベン・ケーシー』だ。

 神経科医ベン・ケーシーが毎回様々な問題に立ち向かい、解決していくヒューマン作品。知性ある甘いマスクのケーシー役ビンセント・エドワーズは、多くの女性たちから圧倒的な支持を得た。比較的子どもたちの人気を集めた他の外国ドラマとは違い、大人たちがくぎづけとなったドラマでもある。

 放送開始の翌年1963年1月には、日本でオンエアされた外国テレビ映画シリーズとしては最高の50.6%という視聴率を記録する。

 以後、『ベン・ケーシー』の圧倒的人気を受け、テレビ朝日が同じ医者モノの『ドクターキルディア』を、NHKが法廷モノの『弁護士プレストン』を放送開始するなど、日本では異色のヒューマンドラマが続けざまにオンエアされた。ところが、皮肉なことに最高視聴率をはじき出した『ベン・ケーシー』以降、外国テレビ映画シリーズでにヒットは、ほとんど影を潜めることになる。

 かわってゴールデンタイムの番組としては台頭しはじめたのは、日本が独自のアイデアで企画した日本オリジナルの番組だった。テレビマンたちが日夜、意欲を燃やして制作し続けたさまざまな番組が実を結ぶ時期に入っていくわけだ。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー