初の「昼ドラ」がスタート よろめきドラマってなに? - 真・役に立たない駄話

初の「昼ドラ」がスタート よろめきドラマってなに?

 朝の時間帯に画期的な企画を持ち込んだのが、日本テレビやテレビ朝日なら、以前は「不毛」とされた昼の時間帯に画期的な企画を持ち込んだのが、フジテレビだった。当時、午後過ぎの時間はニュース番組、料理番組といった、いわゆる女性向けの情報・実用番組が主流。これといった目玉となる番組は乏しかった。

 そんな時間帯に、フジテレビは丹羽文雄原作による『日々の背信』(1960年7月〜)という男女のラブシーンを盛り込んだ切ない愛欲ドラマを編成した。午後1時から30分、すこし家事の手も休めのんびりと過ごす時間に、主婦たちの好奇心を刺激する「許されない愛」というテーマのドラマを持ち込んだ。

 オンエアのきっかけは岡田太郎プロデューサー(後の吉永小百合の夫)のほんの軽い企画書だった。ところが、番組はものの見事に大当たり。放送翌月の8月には20%を超える、昼間の時間にはありえなかった高い視聴率を記録した。多少の変動はあるものの、その後も「不倫モノ」「三角関係のもつれ」といった、いかにも主婦たちが飛びつきそうなテーマでドラマを制作。1965年放送の『愛染かつら』にいたっては38%という驚異的な視聴率をはじき出した。

 いまでこそあまりいわないが、開始当初は昼に放送するメロドラマの略で「昼メロ」、あるいはテーマをもじって「よろめきドラマ」などと呼称された。『日々の背信』で好演し、視聴者からも絶賛をあびた池内淳子は「よろめき女優」などというニックネームまでついてしまうほどだったらしい。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー