日本初の「ワイドショー番組」で視聴率戦争が - 真・役に立たない駄話

日本初の「ワイドショー番組」で視聴率戦争が

 日本テレビの早朝放送を受け、各局も早朝の時間帯にさまざまな企画を模索することになる。ついに東京でのオリンピックが実現の年、他局を大いに震撼させる企画が登場した。1959年2月に日本教育テレビとして開局したNET(現・テレビ朝日)が開局から5年目の1964年4月1日から放送を開始した、日本初の生ワイドショー『木島則夫モーニングショー』である。

 月曜から金曜まで帯で毎朝1時間の生放送は、リスクも高く無謀な試みとも思われた。ところが、視聴者の目線に合わせた情報や話題がリアルタイムに次々とくり出されるこの番組は、主婦層を中心に絶大なる支持を集め、大成功を収めた。

 ニュースをメインに「今朝の話題」「時の人」「プレゼントコーナー」など視聴者の好奇心をくすぐる企画を一時間の中に凝縮。木島則夫アナウンサーをメインに、サブに栗原玲児アナウンサーと井上加寿子アナウンサー。おのおのが中年世代、若者世代、主婦層を代表するイメージで、自分自身の言葉を用いて番組を盛り上げていった。アナウンサーに対して「泣きの木島」などとキャッチフレーズがつけられるようになったのも、視聴者から好感触を持たれた証拠だろう。

 この大成功に他局も触発されないわけはない。1年後にはNHKが『スタジオ102』、フジテレビ(NETから1ヶ月遅れた1959年3月に開局)が『奥様スタジオ・小川宏ショー』、TBSが『おはよう700』、日本テレビが『ズームイン!!朝!』と各局が朝の生ワイドショー編成に力を入れるようになっていく。今も続く熾烈なワイドショーの視聴率競争は、まさにこの年から始まったと言えるだろう。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー