日本初のテレビCMは3秒で放送禁止? - 真・役に立たない駄話

日本初のテレビCMは3秒で放送禁止?

 以前も話したが、社長みずからが広告主を口説きまわって、ようやく開局までこぎつけた日本テレビ放送網。ちなみにCM広告料金は30分番組が15万円、開局当日のスポンサーは6社。スポットスポンサーとして2社が名乗りを上げていた。

 1953年8月28日の放送開始日、正午の時報に合わせ、スポンサーの一社であった精工舎(現 SEIKO)の記念すべき初のテレビCMが22秒オンエア・・・されるはずだった。

 ところが、なんと、映像は3秒足らずで放送中止。技術力の不足か初日の大きな緊張感からか、フィルムを裏返しにして流してしまうという、あってはならないミスが発生した。

 結果、ナレーションの音声は流れず、映像も3秒足らずで消えてしまうという事態に。予定通りなら「腕時計は1秒間に5回。一昼夜には43万2000回も回転しております。1年に1回は分解掃除をいたしましょう」という名コピーのナレーションが茶の間に届けられるはずだった。が、はかなくもそれは空ぶり。日本初のCMが、くしくも日本初の放送トラブルという不幸な結果に終わってしまった。

 同日の午後7時、同じ精工舎の時報コマーシャルが流されたが、当然2回目はミスもなく最初から最後まで映像とナレーションが映し出され、現場スタッフたちもホッと胸をなでおろしたらしい。

 その後、数十年もの長きにわたって放送される認知度の高い長寿CMになるわけだから、何が起こるかわからない。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー