最初にテレビ放送が行なわれた時、見られた人数は? - 真・役に立たない駄話

最初にテレビ放送が行なわれた時、見られた人数は?

 ついに、日本中が待ちに待った日がやってきた。1953年2月1日午後2時、ブラウン管に「NHK東京テレビジョン開局」の文字が映し出され、アナウンサーの「JOAK・TV こちらはNHK東京テレビジョンであります」の第一声が流れた。日本で最初となるテレビ本放送開始の瞬間だった。
 いまや一家に1台どころか、1人1台以上あるといえるほどに普及したテレビ。「ワンセグ」なる新技術の登場で、携帯電話やスマートフォンを使っていつでもどこでも番組が楽しめる時代だ。普通になんでもない存在となったテレビだが、放送開始の頃は違った。テレビ受像機そのものがとても貴重な存在。それに開局当時の放送エリアはまだ関東地区の一都六県だけ。東京近郊以外の地方へは電波が届けられていなかった。
 NHK資料によると、本放送開始時点でテレビ受信契約者は1000人にも満たない。わずか866人だけとなっている。一台のテレビに幾人もの人々が群がっただろうことは想像できるが、それにしても開局瞬間の映像を目にすることができたのは、ごくごく限られた人だけだったことは確かだろう。

 少数の人しか受像機をもてなかった最大の理由は値段が高額だったこと。国内量産体制の整備が遅れ、大半はアメリカ製受像機に頼った。その値段は17インチで25万円前後。数少ない国産品も24万円と差がない値段。一回り小さい14インチで17~18万円。量販店でも数万で買える現代と比べれば、雲泥の差といえるほどの高級品だ。

 大卒初任給が8000円前後、平均的なサラリーマンの手取りが15000円、中堅クラスで30000円ほど、これが当時の月給だった。テレビ1台買うのに年収すべてを出す時代。それも白黒テレビだ。受信契約者数が数百人だったこともうなずけるだろう

 ちなみに、当時の契約受信料は、月額200円だったそうだ・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー