テレビ中継されていたのに見られなかった第3回紅白歌合戦 - 真・役に立たない駄話

テレビ中継されていたのに見られなかった第3回紅白歌合戦

 待ち望んだ日本のテレビ開発がようやく再開されるのは、戦後直後の1946年からのこと。1950年には東京テレビジョン実験局が開局、11月10日から週2回の実験放送をスタートさせた。番組は落語などの演芸、音楽、ドラマなど。また、実験放送の一環として、現代も続くNHK人気恒例番組のひとつ、『紅白歌合戦』がテレビ放送開始を前にして、すでにテレビ中継されていた。

 現在の『紅白歌合戦』といえばNHK年末恒例の高視聴率番組で、どの歌手の時が最高視聴率を記録したなどの情報が年始のスポーツ紙に取り上げられたり、他局の視聴率が何%で今年は肉薄したなどと話題に上ったりもするが、もともと1951年1月3日、ラジオのお正月番組としてはじまったものだった。人気歌手を一堂に集めた歌の祭典が、正月の茶の間にぴったりとの高評価を得たことでレギュラー化が決まった。

 そして、1953年1月2日、恒例となった『第3回紅白歌合戦』のラジオ放送が行われた。このとき、テレビカメラも会場に入り、実験放送として初のテレビ・オンエアとなった。ただし一般の人たちは、会場に行って見る以外は、ラジオからの音声のみ。華やかな衣装に身を包んだ歌手たちの歌う姿をブラウン管を通してみることができたのは、ほんの少数のテレビ関係者と、すでに貴重なテレビ受信機を手に入れていた人のみ。

 ちなみに、その1ヶ月後にテレビ本放送が開始されるわけだが、同じ年の『第4回紅白歌合戦』からテレビ中継が本格的に開始されることになり、12月31日大晦日の目玉番組に変更された。1953年は第3回と第4回の2回の『紅白歌合戦』が行われたことになる。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー