日本初の「テレビドラマ」の題名が、急きょ変えられてしまった切ない理由 - 真・役に立たない駄話

日本初の「テレビドラマ」の題名が、急きょ変えられてしまった切ない理由

 以前、ブラウン管開発の話で1940年に東京で開催されるはずのオリンピックが中止になったことはお伝えしたが、テレビの研究自体は黙々と続けられていた。アイコノスコープカメラを用いて技術者たちの姿をブラウン管上に映し出す実験放送にも成功を収めていた。

 じつは、テレビドラマもすでにこの時代に製作していた。1940年に実験放送した日本初のテレビドラマは『夕餉前(ゆうげまえ)』という作品。脚本・伊馬鵜平(いまうへい 後の伊馬春部 戦前から戦後にかけてユーモア小説やラジオドラマなどの分野で活躍)、出演は原泉子(後の原泉)、野々村潔(女優 岩下志麻の父)、関志保子(宇野重吉の妻)の3人。上映時間は15分弱というごく短い作品だった。

 4月13日と14日の2日間にわたり、内幸町の放送会館およびNHK局舎に常設されていたテレビ観覧所に試験電波が届けられ、みごとテレビドラマの実験放送は成功。1週間後には上野産業会館で行われた技術博覧会でも放送され、訪れた観客から大いなる絶賛を浴びたという。

 ただし、初のテレビドラマ成功の裏には、製作者たちの見えない苦労も多々あったらしい。制作にかけることができる資金が乏しかったのもそのひとつ。照明や舞台装置にかける金にも厳しい制限があったことを物語るエピソードがある。

 実はこのドラマは当初「夕餉時」というタイトルで、ひたむきに生きる母子家庭の日常を、夕食シーンを交えつつ描こうとしたものだった。脚本に書かれた設定は「久しぶりのごちそう」ということで母子がつくったスキヤキを食べるシーンが準備されていた。しかし、小道具のスキヤキを準備する金がない。そこで苦肉の策として、急遽タイトルを「夕餉前」に変更。脚本そのものを夕食前の母子の会話に変更してしまったわけだ。

 何とも切ない話だが、こんなに苦労を重ねて制作したドラマも、数々の実験放送成功も、すべて戦争によってゼロになってしまった。

 日本人がテレビドラマをはじめ、夢のようなブラウン管映像に酔いしれるのは、1953年のNHK本放送開始まで待たねばならなかった。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー