朝起きたら「よく眠った」言ってみよう - 真・役に立たない駄話

朝起きたら「よく眠った」言ってみよう

 脳が元気であるためには、毎日の習慣が大切。その手始めは、朝の迎え方にある。

 誰でも、一日のスタートは“よい目覚め”で迎えたいと思う。しかし、大半の人は、この“よい目覚め”を得ることが難しい。現代人の多くは、ほとんどが寝不足気味だろう。毎朝、目覚まし時計に叩き起こされて、イヤイヤ起きる、という人が多いはずだ。

 そんな人は、ちょっと自分に暗示をかけてみることをお勧めする。この暗示をかけることで気分良く起きだすことができるだろう。

 じっさいにそれほど寝ていなくても、「時間は短かったけど、今日の眠りは深かった」と言い聞かせてみよう。すると、不思議なことに、本当によく眠れた気分になってくる。

 バカバカしいというのは簡単だが、人間は口にした言葉に、結構左右されるもの。たとえばお風呂にザブーンと使ったときに「あー気持ちいい」とか「極楽極楽」というと、黙ってはいるより、ずっと気持ち良くなってくる気がする。これも一種の自己暗示と言えるだろう。

 なぜ、人は自己暗示にかかりやすいかといえば、これには脳の働きが関係している。

 脳には、人が発した言葉をそのまま実行しようとする習性がある。だから前向きな言葉を使う人は、本当にうまく行くことが多い。いい言葉は、自分の脳に話しかけるようなつもりで、本気でいうと、より効果がある。

 また「朝一番に」いい言葉を使うことも大切だ。脳は、朝に発した「よい言葉」に従うように動きだしてくれるから、「今日は一日中気分よくすごせそうだ」といえば、脳は本当にそんな一日になるように働いてくれる。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー