イスラム圏の国名に「〜スタン」が多い理由 - 真・役に立たない駄話

イスラム圏の国名に「〜スタン」が多い理由

 オリンピックのサッカー・アジア予選、またオリンピックアジア大会などでは、聞
きなれない国と戦うことが少なくない。中央アジアのカザフスタンやウズベキスタン
といった国だ。ほかにも、中東にはパキスタンとかアフガニスタンといった国がある
が、この「スタン」とはどんな意味なのだろうか?

 じつは、この「スタン」にはさして変わった意味は無く、国家を表している。

 「スタン」はもともとペルシャ語で地域や場所を指し、それが国家という意味に発
展していった。つまり、カザフスタンといえば「カザフの人の国」というわけ。

 極東アジアで、中国、韓国と「国」をつけるのと同じようなものか?
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー