女性専用車両はいつごろ出来たのか? - 真・役に立たない駄話

女性専用車両はいつごろ出来たのか?



 昭和48年9月、旧国鉄中央線に「シルバーシート」第一号が登場した。こ
れは社会福祉政策の一環として、国鉄の大英断・・・かどうかはしらないが、
とりあげられたもの。その後、各鉄道やバスにも順次採用された。

 この前進をたどると、戦後間もない昭和22年5月、中央線朝のラッシュ時
間帯に、「婦人子供専用車」を設けたことによる。その後、京浜東北線電車に
も設けられたが、まちがって男性が飛びこもうものならば、敵意ある視線に出
会って早々に退散させられたという。この辺は今の時代も変わらない。

 そしてこの「婦人子供専用車」に代わってお目見えしたのがシルバーシート
だったわけだ。

 ところで、この「婦人子供専用車」は実は明治時代にも存在していた。

 『鉄道100年写真誌』をひもとくと、「女子学生通学のため明治45年1
月始めて中野〜昌平橋間に朝夕2回婦人専用車を運転した・・・云々」とある。

 これは良家の女子学生に不良の男子学生が触ったり、からかったりするのを
乃木学習院長が見て、提案されたものだった・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー