「岳」と「山」はどう違うのか? - 真・役に立たない駄話

「岳」と「山」はどう違うのか?

 山の名前には「岳」がつくものと「山」のつくものがある。

 この2つにはどのような違いがあるのだろうか?

 『小学館国語大辞典』によると、「岳」は「『だけ』とも。高く大きな山。
高山」とあり、「山」は「火山作用、浸食作用、造山作用によって地表にいち
じるしく突起した部分。高くそびえたつ地形。また、それの多く集まっている
地帯」となっている。

 岳の意味の中に、「高く大きな山、高山」とあるとおり、一般的に山よりも
岳の方が高い「山」につけられているようだ。

 実際に調べてみると、富士山以外は、北岳、槍ヶ岳、駒ケ岳など、2位から
10位までの山につけられていたのは全て「岳」だった。

 富士山という例外はあるものの、前述の法則は、正しいようだ。

 ちなみに登山家の間では、岩場が多い山のことを「岳」と呼ぶことが多いよ
うだ。

 なお、国土地理院では「岳」と「山」にそのような区別はつけていないとの
こと。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー