なぜ、ゲートボールは「お年寄りのスポーツ」? - 真・役に立たない駄話

なぜ、ゲートボールは「お年寄りのスポーツ」?

 ゲートボールといえば「お年寄りのスポーツ」というイメージが強い。

 しかし、ご存知の方も多いと思うが、もともとゲートボールは子供向けのスポーツとして考案されたものだ。

 考案者は、旭川市の鈴木栄治氏。昭和22年のことで、戦後の物資不足の時代、子供たちが情操教育の一環として考案したという。

 ゲートボールの原型は、13世紀のはじめにフランスで生まれたクロッケーで、鈴木さんは、かつてこのクロッケーを楽しんだことがあり、場所もとらず用具も少なくてすむことに注目した。

 それがまた、どうして「お年寄りのスポーツ」として脚光を浴びるようになったのかといえば、先の2つの理由に加えて、運動量が少ない、団体で楽しめるなどの理由が考えられる。

 もっとも、最大の理由は、お年寄りが定年後も元気でヒマをもてあましていたから、かもしれない・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー