バイアグラを人間以外に試したら? - 真・役に立たない駄話

バイアグラを人間以外に試したら?

 インポテンツの治療薬として、すっかり名前が知れ渡った「バイアグラ」。

 1999年3月から、日本でも販売されている。

 このバイアグラ、人間以外に試したらどうなるのだろうか?

 こんなバカなことを真剣に実験した博士がいた。イスラエルの植物生理学者
レシェム教授が、バイアグラを2〜3ミリグラム溶かした水に、バラを浸すと
いう実験を行なったところ、バラの花がしおれにくくなり、寿命がのびること
がわかったという。

 バイアグラの主成分のクエン酸シルデナフィルには、微量でも酵素の反応を
阻害する働きがあり、これが、植物の成熟や落葉を促す植物ホルモン「エチレ
ン」の生成を阻害するため、花がしおれにくくなるらしい。

 では、人間の男性は何でああいうことになるのだろう?

 男性のペニスは、一酸化窒素の命令でグアニル酸シクラーゼという酵素が働
き、サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)という物質が合成され、こ
れが最終的に平滑筋を弛緩させて勃起させる。そして、ホスホジエステラーゼ
5型(PDE5)という酵素の働きで、cGMPが分解されて勃起が終わる。

 バイアグラは、このPDE5の働きを抑えて、勃起にいたらずに終わってし
まう人の勃起を実現するわけだ。

 けっして性欲増進剤ではなく、またニトログリセリンなどの硝酸系の薬と併
用すると危険な薬だ。

 植物と人間とでは、バイアグラは、まったく別の酵素の働きを阻害している
のだが、その効き目が、偶然、どちらも「回春」作用といえるところが面白い
といえる・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー