公衆電話で100円玉を使ってもお釣りが出ない理由? - 真・役に立たない駄話

公衆電話で100円玉を使ってもお釣りが出ない理由?

 携帯電話の普及で滅多に使うことはなくなったとはいえ、病院内や電波の届
かない場所ではやっぱり公衆電話が頼もしい。ところが公衆電話を使わなくな
って久しいのでテレホンカードは持っていないし、あいにく10円玉もない。

 しかたなく100円玉でかけてしまったが、たった1分ほどの通話でお釣り
の出ないのを忘れていた・・・久々にこんな腹立ちを覚えた人への「なぜだ」
にお答えしましょう。

 単純に、小さな電話機の中ではおつりを出すシステムを機械化できないから
だ・・・入ってきた100円玉だけ保管し、10円玉はためておつりに回すよ
うにすると、現在の技術では、それと同じことをこなしている街角のジュース
販売機とまでは言わないが、かなりの大きさの電話機になるようだ・・・

 それに、電話料金は深夜や休日の割引もあり、その複雑なシステムまで記憶
させて組み込もうとすれば、いかに極小のICチップを用いたにしてもどんな
サイズになるか見当もつかないらしい。それでNTTは最初から新機種開発を
放棄しているようだ・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー