野菜の原産地が細かくわかっているのはなぜ? - 真・役に立たない駄話

野菜の原産地が細かくわかっているのはなぜ?

 白菜やネギは中国。タマネギやほうれん草は中央アジア、ジャガイモやトマ
トは南アメリカが原産地だといわれている。なぜ、これらの野菜は、細かく原
産地がわかっているのだろうか?

 この謎を解いたのは、ロシアの植物学者バビロフ博士。バビロフは、今から
60年ほど前に世界中を歩きまわり、野菜の原産地を調査したことで、その名
が知られている。

 そのとき、バビロフが注目したのは、野菜の突然変異だった。突然変異が多
く見られる地域ほど、その野菜が出来て長く時間がたった場所、つまり野菜の
原産地であるはずだと考えたわけだ。その結果、主な野菜の原産地は、11の
地域に特定されることが判明した。

 それから60年、彼が足を使って特定した野菜の原産地は、現在でも揺らぐ
ことのない定説だとされている・・・
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー