香港のネオンの弊害とは? - 真・役に立たない駄話

香港のネオンの弊害とは?

 世界中で、もっとも美しい夜景のひとつと言われている香港。新型肺炎SARS
の時は危険な場所になっていたが夜景がきれいなことには変わりは無い。

 海近くに高層ビルが林立し、観光客にとっては、まさしく100万ドルの夜景だ。

 しかし、この夜景は飛行機のパイロットに言わせると、この町の夜景ほど、着陸す
るとき、邪魔になるものは無いそうだ。

 そもそもそんなに広いところではないのに加え、空港は市街地の目と鼻の先。飛行
機は、まさにビルの谷間を縫うようにして着陸する。

 そのうえ、夜間着陸の場合、周囲のネオンが明るすぎて、滑走路の進入灯を見失い
そうになることがあると言う。

 進入灯は、ネオンと違って、ピカピカと点滅しているので、かろうじてそれとわか
るそうだ。

 だから、香港では、ビルのネオンは絶対に点滅しない。進入灯と区別するため、点
滅ネオンは禁止されているのだ。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー