タケノコと竹の境目はどこ? - 真・役に立たない駄話

タケノコと竹の境目はどこ?

 タケノコは一言で言えば竹の芽である。地上に芽を出してから一ヶ月もたつと、茎
となり、硬くなって食べられなくなる。

 食べられるかどうかは、地上30センチが一つの境目。

 それ以上の大きさになると、もはやタケノコではなく、小さな竹ということになる。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー